前へ
次へ

不動産投資は、年金対策として活用出来ます

年金対策として、不動産投資を行っている方が沢山いらっしゃいます。
一定の条件を満たしている場合、国から毎月支給されるのが年金です。
就労不能の年齢に達したとしても、安定した収入を継続的に得られるますので、老後の安心した生活を支える屋台骨のような存在だと言えます。
ですが年金は若年層が稼ぎ出したお金をベースにして、高齢者へ支給されるものです。
少子高齢化が急激に進展しつつある今、働き手は年々減り続けています。
その一方で年金を受け取る高齢者は確実に増えていますから、年金の原資自体が不足してしまうのではないかと懸念されているのです。
これまでの年金制度が、永続的に続くという保障はありません。
近い将来、年金制度が不安定化する恐れもあるのです。
不動産投資を行うと、安定した家賃収入が得られる可能性が極めて高くなります。
物件の人気が高まる程、安定的な収入が期待出来るのです。
年金の代わりとして安定収入が見込めますので、若年層にとってはメリットが大きいと言えるでしょう。

Page Top