前へ
次へ

不動産による利益の使い道と複利投資

投資に関連する専門用語の1つに、複利があります。
利益が発生した時は、複利運用も検討してみると良いでしょう。
例えば不動産物件を保有して、しばらく家賃収入を稼ぎ続けたとします。
しばらく続けた結果、定期的に毎月10万円ぐらいのお金が入ってくるようになりました。
その10万円の使い道が、1つのポイントになる訳です。
10万円の使い道は自由ではありますが、効率良くお金を増やしたい時は、不動産への投資も検討してみる方が良いでしょう。
上記のように稼いだお金は、物件の住み心地を改善するための工事に充当したり、新たな物件を保有する為に使ってみる訳です。
保有している物件の数は、多いに越した事はありません。
数が多ければ、必然的に家賃収入も増えてくるからです。
生活費に使ってしまっては、物件の数を増やす事もできません。
効率良く資金を増やしていく為にも、複利運用も前向きに検討してみる方が良いでしょう。
実際、それで成功している方も多いです。

Page Top