前へ
次へ

30〜40代必見の不動産投資術とは

30〜40代が不動産投資を始める際のコツを紹介します。
まず、無理な投資を避けるために、価格は低めにしておくことがポイントです。
エリアや立地によっては、非常に理想的な条件が揃ったものも出て来ます。
どうせやるなら人気の出そうな物件が欲しいと心惹かれるのは確かですが、いい物件は当然ながら価格が高く、若い世代が通常用意できる金額をはるかに超えることが多いのです。
将来に備えたいばかりに、現在の生活を貧困にしてしまう資金計画では正しい形ではありません。
現在の貯蓄額、今後の収入見込み、想定されるライフプランをよく考え、とにかく無理のない価格に抑える理性が必要です。
次に、エリアを見極めることが重要です。
都市部の駅チカがおすすめ物件ですが、人気路線の駅チカはいつでも高い需要が見込めます。
自分が借りる側になったときに、どんな基準でどういった物件を選ぶか、リアルに考えてみましょう。
例えば東京都近辺なら都心まで通勤しやすく、治安のいい住みやすいエリアであれば、借りたくなるのは当然です。
比較的リーズナブルに買えて駅チカ物件と言えば、独身一人暮らしに人気の高いワンルームマンションも候補に挙がりやすいでしょう。
あまり賃料を高くせずに便利なエリアを確保できれば、空き室リスクを極力抑えて安定した経営が望めます。
アパートではなくマンションをすすめるアドバイザーは多いですが、マンションは軽量鉄骨アパートなどより耐用年数が長いからです。
若い世代なら長期的に運営する必要があるため、地震にも強く資産価値があまり下がらないマンションが理想と言えます。
そして最後のポイントが、中古区分マンションを選ぶということです。
無理のない資金計画をするなら新築はあきらめて、なるべく築が浅い中古を購入するのが有利でしょう。
成功させるポイントはいろいろありますが、正しい知識を身につけ、信頼できる不動産業者とパートナーシップを築くことができればおおいに期待できます。
ローンの返済計画などについても本気で親身になってくれるアドバイザーもちゃんといますので、セミナーなどに参加してパートナーを探すのもおすすめです。

経年美化になるようなリフォームを行う平塚の工務店
木を活用し、年月が経っても美しく丈夫になるようリフォームします。

屋根の雨漏り診断ありの埼玉のパートナーライフ

Page Top